BASEBALL は審判も楽しい!

アクセスカウンタ

zoom RSS ご無沙汰しております。

<<   作成日時 : 2007/08/14 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ご無沙汰しております。久しぶりの更新です。

まず言い訳からさせていただきます。インターネットの環境がよくなく、更新が滞っていました…。
ここ最近はネットの調子がよくなっています!

現在はモンタナ州グレートフォールズに来ています。ここのホテルはとても古く、パートナーはベットが石よりも硬いと言っています。マイナーリーグを痛感させられるホテルと言ってよいでしょう。しかし、ここのホテルには「SHIP & DIP」と言うバーがホテル内にあります。実はこのバーはアメリカで一流男性雑誌のGQと言う雑誌の「飛行機を使ってバーに行くとしたら、このバー!」(つまり簡単に言えばTOPバーのランキングです)の一位に選ばれたバーがあるのです。

こちらに来てそのバーに四日連続で行ったので、昨日今日は休息です。

このバーですが、ごく普通のバーです。特に飲み物も高くなく(むしろ安め)、マイナーリーグ審判でも十分楽しめます。バーカウンターの奥にはプール(水中しかバーからは見えません)があり、週末は人魚にふんした、若い女性が泳いでいます。珍しいものがあるとしたらこれくらいです。特に大きいわけでもない(むしろ小さい)のですが、なんかお店の雰囲気がとても落ち着いています。多分、バーでキーボードを弾きながら歌を歌っている70歳くらいのおばあちゃん(Lady)がそのバーの雰囲気を和ましてくれているのかもしれません。私はこのLadyに財布に入っていた最後の一ドル札をチップで渡しました。私が「僕の持っている最後の1ドルです。」と言って渡すと、そのLadyは「最後の1ドルならもっておきなさい。」と言いましたが、「素敵な音楽をありがとうございました。もう飲み終わったのでもっていってください!」と言って少し会話をすることができました。とても素敵な方でした。

さて、審判の方は試合最後のプレーでもめ、監督を試合後に退場(Post Game Ejection)を宣告したりと大変です。九回の表に8−7でホームチームがリードしていて2アウト2ストライクから打者がゆるいサードゴロを打って、一塁でアウトになりました。打者は走っていませんでしたが、球審の私は打者の体に当たっていないと判断してそのままプレーを続けました。アウトがコールされると打者はひじにボールが当たったとアピールし、同時に監督が来ました。私は監督に説明しましたが、納得せず、すぐ近くにいたパートナーに聞こうとしましたが、パートナーも当たっていないと言うと帽子をグラウンドに投げたため、私はやむなく「That's post game.」と宣告しました。

試合の、最後の最後でこんなことが起こったのです。最後のアウトが宣告されるまで、いえ、ロッカールームに帰るまで、何が起こるかわからないということを痛感させられた試合でした。
翌日の試合前にはラジオの人がそのプレーに関してわざわざインタビューをしに来ました。

マイナーリーグですが、地元の新聞やラジオやテレビは普通に私たちの試合結果を流したり、写真を載せたりするので、すでにマスコミを意識しなくてはいけない環境にいます。これは昨年いたGCLと全く違う点です。
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ご無沙汰しております。 BASEBALL は審判も楽しい!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる