BASEBALL は審判も楽しい!

アクセスカウンタ

zoom RSS 体調はいいのに、予想外の休養…。

<<   作成日時 : 2007/09/01 16:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ご無沙汰しております。ネットの環境が良くないところに一週間程いたのと、その間に少しアクシデントがあり更新が遅れてしまいました。

さて、私のマニアの方なら最近マイナーリーグの試合結果のところに私の名前がない事にお気づきになった方もいらっしゃるかもしれません(多分いないと思いますが…)。

私が球審の時にファウルチップ(正しい表現ではありませんが)が私のマスクに当たりました。当たった時はかなりの衝撃でした。私は捕手が「大丈夫?!」と聞いてきたので、「大丈夫だけど少し時間をちょうだい。」と言って間を取りました。多分平気だろうと思ってプレーをすぐに再開させました。そして投球をみるためにセットすると、視界がぼやけているのに気がつき、次の瞬間右ひざが抜けるような感覚が襲いました。打者はその投球をバックネット後方に打ち上げ、私は捕手がそのフライを捕るか捕らないか見に行きましたが、膝に力が入らず止まることができませんでした。そのままバックネット手前で膝をつくようにしてこけました…。

私は、「これはちょっとまずいかも…。」と思いました。少し間を取ろうと思ったらすぐに異変に気がついたトレーナの方たち(両チームの)が出てきてくれました。不幸中の幸いとはこのことで、ビジティングチームのトレーナーの方は日本の方でした。そして、膝に力が入らず、震えていたことははっきり覚えています。少しトレーナーの方からチェックを受けた後にとりあえずロッカールームに引き上げて少し休むことになりました。ロッカーでは吐き気をもよおし、結局そのまま病院に行く事になりました。試合はその後、塁審に入っていたパートナーが球審をし、地元のアマチュアアンパイアーの方が来るまで、両チームのコーチを一人ずつ塁審として、三人制で行われました。

診断の結果は軽い脳震盪(のうしんとう)だと言うことでした。医者は次の日起きて異常がなければ、その日から球審をやってもいいと言いました。私はそれにかなり驚きました。なぜなら、その医者はほとんど私の診察などしていなかったので…。

試合後すぐにマイナーリーグなどに必要なレポート等をパートナーとホームチームのトレーナーが送ってくれました。私たちマイナーリーグ審判は昨シーズンのオフから脳震盪などの症状を見るためのテスト?!を行っています。これはインパクトテストと呼ばれ、マイナーリーグからこのテストを再度受けるように言われました。次の日にそのテストを受けると、まだ試合ができる状況ではないので二日間は休むように言われました。(やっぱり、あの医者は信用できなかったか…)そして、二日後にまたテストを受けるように言われました。

今日、その再テストを行いましたが、結果が思わしくなく、さらに5日間休むように言われました…。シーズン最後のほうに来て私のように脳震盪を含む、かなりのけが人が出ているときいています。ここ2週間で脳震盪が原因で少なくとも二人はシーズンを終えずに、家に戻されたときいています。私は運がよく、プレーオフ、チャンピオンシップ前に復帰できる可能性がまだあるので、まだ帰国するようには言われていません。ただ、5日後の結果次第なのですが…。

とりあえず、今は体調には全く問題はないのですが、ただただ休養をとるだけです。パートナーはその間、地元のアマチュアの方と試合をしています。私が休むことで、色々な方に迷惑をかけてしまっているので、早くフィールドに戻りたいです。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
分かった!何かあったら飛んで行くよ! 成田まで! なんてかっ! 脳みそが沢山入っていたんだね!? 日本では脳のために禁酒だね!
タマの大魔神
2007/09/01 18:43
ありがとうございます。
いえ、テストができないのは元々頭に何も入っていないのが理由なのではないかのかと思い始めてきました…。
milb-umpire
2007/09/02 02:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
体調はいいのに、予想外の休養…。 BASEBALL は審判も楽しい!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる